top of page
検索

コールセンター向けヘッドセットの選び方

コールセンターで使用するヘッドセットにあると望ましい仕様や機能はどのようなものがあるのでしょうか?

本記事ではコールセンターに適したヘッドセットの選び方をご紹介いたします。





 

目次


 


コールセンターではどのようなヘッドセットが必要とされているのか

コールセンターでは、ヘッドセットが必須のツールとされています。

その理由はいくつかあります。まず第一に、コールセンター業務では両手が自由に動かせることが重要です。

顧客との通話中に同時に情報を入力したり、メモを取ったりする必要があります。

このような作業を効率的に行うためには、両手で作業できるヘッドセットが必要です。


また、長時間にわたって使用するため、受話器を持ち続けることによる疲労や耳への負担を軽減することも重要です。

さらに、コールセンターでは複数のオペレーターが同時に通話を行うことが一般的です。


この状況下で、他のオペレーターの声が自分の顧客に聞こえてしまうと、個人情報漏洩などの問題が生じます。ヘッドセットを使用することで、このような問題を回避することができます。



指向性マイク(ノイズキャンセリングマイク)

コールセンターでは、周囲の音が多く、他のオペレーターの声やキーボードの音が入り込むことがあります。

指向性マイクを備えたヘッドセットは、周囲の雑音を軽減し、自分の声をクリアに伝えることができます。



アンプ

ヘッドセットには、外部アンプが付属しているものもあります。

これにより、通話中の相手の声の音量を調整したり、ノイズを低減したりすることができます。

特に、高価なヘッドセットには、様々な調整が可能なアンプが付属しています。

ただし、最近ではUSB接続のヘッドセットが主流となっており、アンプが不要なものも増えています。



両耳タイプと片耳タイプ

ヘッドセットには、両耳を覆うタイプと片耳だけを覆うタイプがあります。

一般的には、片耳タイプが好まれます。日本のコールセンターでは、顧客との通話中に上司や管理者からの指示を聞く必要があるからです。

ただし、顧客との会話に集中する業務では、周囲の音が聞こえにくい両耳タイプのヘッドセットが適しています。



試着して選ぶことが重要

ヘッドセットは長時間使用するため、フィット感や耳への負担を考慮する必要があります。

購入前に複数のタイプを試してみることが重要です。

国内のコールセンター用ヘッドセットは、多くが試着してから購入することができますので、積極的に活用しましょう。




Comments


bottom of page