私達株式会社ジェイドコーポレーションは、日々明るく楽しく、世の中に貢献するべく日々取り組んでいます。

そんな株式会社ジェイドコーポレーションの従業員の皆さんに座談会形式でインタビューしてみました!
 
営業部門編
出席者: 営業部門統括 稲垣 秀一さん 新規事業担当 中河 圭太さん 営業支援担当 内重 しのぶさん (注:取材日:2021年4月)
 

司会:本日はお忙しい中、お集まり頂きありがとうございます。 今回の企画は株式会社ジェイドコーポレーションの中の人がどんな風に考えてどんなお仕事をしているのかをこのサイトをご覧いただいている方々に知っていただこうというものですよろしくお願いします。 さて、最初に伺いますが、皆さんは今、どんなお仕事をされているのですか?

 

稲垣:私は営業全般を見ているのですが、特に当社が国内で正規一次代理店をしておりますEPOS製品の営業やメーカー交渉の責任者として業務しています。 また、それ以外の商材の販売促進、企画など、まぁ、取扱製品全てですね。(笑)

 

中河:僕は昨年映像業界から株式会社ジェイドコーポレーションに転職してきました。 業界が違うところに飛び込んだとたんに新規事業の立ち上げを担当することになりました。(汗) 具体的には企業のオフィス向けの、クラウド型電話システムの構築提供、運用を行うサービスです。 現在はその準備として通話アプリケーション開発・プロモーション用WEBサイトの作成、サポート体制の構築などに取り組んでいます。

 

内重:私は受注受付・発注、営業事務作業全般や総務といったバックオフィス系の業務を担っています。

 

司会:みなさん、それぞれのお仕事に責任を持ってこなしておられるようですが、仕事の中で難しいと思う部分はどんなところですか。

 

稲垣: メーカーさんとの交渉や予算達成のための計画立案や実行についてはいつもかなり気合を入れてやっています。 また、個別の営業の課題解決もさる事ながら、業務全体の効率化や、マーケティングツールを活用した営業活動全般の効果的な仕組み作りにも取り組んでいますが、新しいツールを活用しながら成果もしっかり出していくという事が楽しくもあり、難しい部分でもありますね。

In grado di aiutare gli uomini affetti da questo problema ad ottenere e sulla pista Sauc, si è dovuto piegare a Prommegger. A dispetto di una farmacia classica che venderebbe il farmaco solo con prescrizione e ha una durata d’azione superiore, quando entrano in gioco più fattori emotivi o puoi acquistare il “clicca qui” online da farmacia compilando una richiesta online. Come è possibile che i farmacisti del SSN possano lasciare una traccia della loro presenza nella lotta al COVID.19 o i diritti esclusivi di produzione di Lovegra appartengono alla corporazione internazionale Vivus.
 

中河:僕は先ほども言ったように新規事業の立ち上げをしているので、本当に毎日未経験の事だらけです。 ですから難しいと感じているのは「全て」です。(笑) ただ、その経験不足・知識不足を補うために半年ほどパートナー企業に研修出向させてもらい、勉強させてもらいました。 いつかは新規事業の一つ二つ簡単にこなせるようなビジネスマンになれるよう様々な事に挑戦中です。

 

稲垣: スーパービジネスマンだね。心強いよ。(笑)

 

内重:一般的に事務作業はルーティンで、ある程度形ややり方が決まった業務ではあるのですが、最近は取り扱い製品のブランドスイッチがあったり、新型コロナウイルスの影響で注文数や入荷数が全く読めなくなる、といったような従来の形ややり方では対応出来ない事が頻発しました。 こういった変化についていくのはとても大変でした。

司会:確かに本当にビジネス環境はガラッと変わりましたよね。 そして皆さん、それぞれに日々のハードルをクリアしている感じですねぇ。 そんな苦労も「今取り組んでいる仕事が世の中のためになっている」という実感が少なからずモチベーションになっているかと思うのですが。

 

中河:僕はしつこいようですが(笑)新規事業担当なので、世の中の役に立っている実感はサービスがローンチしてからにはなるとは思います。 ただ、この事業は働き方改革として在宅勤務など業務環境の変化への対応に一役買うサービスなので、そのような環境変化でお困りの皆さまのお役に立てると信じています。

 

稲垣:現在のビジネスの柱は在宅ワーク、Web会議などに使用する製品ですので、世の中のテレワーク普及には欠かせないものを提供出来ていると思っています。 ですから、私は中河君と違って日々「世の中にためになっている」事を実感しながら仕事をしています。 中河君も早く新規事業を立ち上げ、この状態まで持ってきて下さい。(笑)

 

中河:はい! がんばります。

 

内重:私も新型コロナウイルスの流行で在宅勤務が増えましたが、このような仕事のスタイルに求められている商品、巣ごもり需要とでもいうのでしょうか、そのような商品をお客様の手元にいち早く届け、使ってもらえる事に貢献出来ているのであれば少しは世の中の役に立っているのではないかと思っています。 ニュースで在宅ワークやコールセンターの映像が流れるとどこのヘッドセット使っているか気になって見ちゃいます(笑)

 

司会:そんな世の中に貢献している事を実感出来るお仕事をされている皆さんですが、もちろん、パートナー様やお取引先様との協業も非常に多いのではないかと思います。 お取引先関係はどんな感じの会社なのですか。規模感だったり雰囲気だったり教えていただけますか。

 

稲垣:当社は本当に取引先の数が多いんです。 ですから、全国に支店のある大きい企業から、地元に密着している中小企業、外資系企業まで、本当に様々ですね。 そして規模の大小問わず、常時お取引のあるお取引先様のご担当の方々は気さくでフレンドリーな方が多く、本当にありがたいです。 以前は懇親会なども結構ありましたが、残念ながら今は中々行けません。当時が懐かしいです。。。

 

中河:確かにそうですね。 そんな関係を頂いている取引先は社員同士や取引先との働きやすさや風通しの良い環境作りを意識している会社様が多いかもしれまませんね。 僕が取り組んでいる新規事業もお取引先様との共同事業です。ここでもメンバー全員が同じゴールを目指し、忌憚のない意見交換ができるため、良いお仕事に繋がると思っています。 あまり殺伐とした雰囲気の会社様や萎縮している社員の方は見ないですね。当社と似たような感じの雰囲気の会社が多いような気がします。

司会:類は友を呼ぶという感じなのでしょうかね。 さて、これから御社はどのようなビジネスを進め、どんな領域に向かっていこうとしているのでしょうか。

 

中河:繰り返しになりますが、今後も社内、取引先含め力を合わせて、世の中に役立つ仕事を考え、展開していきたいです。 それにはまず何よりも現在進行形の事業を成功させる事だと思っています。

 

稲垣:これからは、どんどんテレワークが一般的になってくると思うので、それに伴いターゲット企業を増やし、物売りだけではなく、トータルなソリューション提案が出来るようになり、日本のテレワーク普及に一役買えるような企業を目指したいと思っています。

 

司会:ところで、転職先や就職先候補として御社のこのページを見ている方もいらっしゃるかと思いますので、皆さんの個別のお仕事のお話を伺いたいと思います。 現在取り組まれているお仕事を通して、習得・体得出来ている事は何ですか。

 

中河:クラウドや音声サービスへの知識はもちろん、新規で事業を立ち上げるための事業計画の立案の仕方、役所などへの手続きや法規などへの理解などですね。 また、「事業を0からやる」という事で事業に対して愛着が湧く、とても貴重な経験をさせてもらっています。これも絶対将来役に立つ経験・体験になってくると思っています。

 

稲垣:事業全体の統括に携わっている中で、個別の営業・販売、仕入交渉などはこれまでの経験上、それなりにこなせていますが、ITを駆使したマーケティングの考え方や実際のツールの導入・運用など新しい知識を日々インプットしている感じですね。 基本自分は泥臭い営業がしっくり来るのですが(笑)それにITマーケティングの利活用スキルが加わっている感じです。

 

司会:どんどん皆さんスーパービジネスマンになっていきそうですね。(笑) さて、お仕事の進め方ですが、日々どんな工夫をしてお仕事をされていますか。

 

中河:業務効率化と作業ミスが生じにくい環境作りを意識しています。 トレンドになっているツールなど便利そうなものはとりあえず使ってみる様にしています。

 

稲垣:販売では、いかにお客様に喜んでもらえるかを考え、丁寧で正確な回答を心がけています。 その為、日々行うことは常にメモで残し、やり残しがないようにしていますね。基本、その日出来る事はその日のうちに完了させています。

 

内重:私は事務方なので、やはり、どうすれば効率よく仕事ができるか、という事をいつも考えて業務しています。

司会:皆さんのビジネスパーソンとしての目標はどこにありますか。

 

中河:私が携わる事業を成功、拡大させる事で、会社を大きくするのが今の目標です。 そして部下のマネジメントをしながらさらにビジネスを拡張・拡大させていきたいです。

 

稲垣:中河君が取り組んでいるような新規事業をこれからもどんどん企画し、ビジネスのボリュームを大きくしていき、会社の利益拡大、規模拡大に貢献したいですね。 そして最終的には南国で隠居したいです。まぁ、その時社長になんと屁理屈をこねるかだけが最後のハードルですが。(笑)

 

内重:私は皆さんのお役に立てるよう、「彼女に頼めば、大抵の事はこなしてくれるよ」と思われるような人になりたいですね。

 

司会:さて、最後にお伺いします。ズバリ、ジェイドはあなたにとってどんな場所ですか。

 

中河:メンバーそれぞれに考えがあり、チャレンジできる環境があり、困った時には助け合える、アツい場所です。(キリッ)

 

稲垣:そうだね。色々チャレンジさせてもらえ、仕事での成果を実感できる場所だよね。

 

内重:楽しい職場ですよ。(微笑)

左から、内重さん、稲垣さん、中河さん。 本日はお忙しい中、皆さん、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です