6.ヘッドセットの装着方法

ヘッドセットはどのように装着すればよいのでしょうか。

ヘッドセットの形状から「どのように装着すれば良いのか?」と悩む方は少ないと思いますが(笑)、ちょっとしたことを知らないが故に快適に使用出来ていないということもあります。

特にマイクロフォンの位置は非常に重要です。特にノイズキャンセルマイクが搭載されているヘッドセットは口元からずれてしまうと使用者の声をノイズと見なし、音を拾わないケースがあります。

ヘッドハンド型ヘッドセットを例に以下に説明致します。ネックバンド型やイヤーフック型の場合には装着方法が違いますが、マイクの配置等の基本的な手順は全く同じです。

  • ヘッドセットの装着を両手で持ち、ヘッドバンドを少し広げながら頭上部から滑り込ませて装着します。
  • 両耳タイプの場合はヘッドフォン部分がそれぞれの耳に当たるように伸縮部分を調整します。片耳タイプの場合にはヘッドフォンではない部分(メーカーによってはT字型だったり楕円型だったりします)が耳の上に位置するように(眼鏡を耳にかけるような要領で)セットします。
  • 装着した時にきつ過ぎると長時間の業務に耐えられませんが、そうかと言ってゆる過ぎてもいけません。メーカーによってヘッドバンドそのものを曲げて幅を広げることができますので取扱説明書を確認して下さい。
  • メーカーによっては広げる事の出来ないものもありますので、注意して下さい。また、曲げられるヘッドセットの場合でも曲げる場合には慎重にゆっくり曲げて下さい。
  • ほとんどのメーカーのヘッドセットはマイクブーム(棒状のマイクロフォン部分)が回転式のため倒す方向によってマイクロを左右どちら側にも配置できます。
  • パソコン用の安価なヘッドセットではそれが出来ないものもありますので購入する際には注意が必要です。マイクブームを口に向けて回して適切な位置で止めます。
  • 適切な位置というのはメーカーによって異なりますので取扱説明書を参照してもらいたいのですが、口角から最短距離で2cm程度のところにセットするのが一般的です。
  • 何故適切な位置を強調するかというと、それはノイズキャンセル機能と関係があります。コールセンター用のヘッドセットの多くはマイクロフォンに「ノイズキャンセル」マイクを採用しています。
  • ノイズキャンセルとはそのヘッドセットを使用しているオペレータの声以外を拾わないようにする機構のことを言います。例えば隣のオペレータの声などはある程度カット出来ます。このノイズキャンセルマイクはオペレータの声だけを拾うようになっているため、集音範囲が非常に狭くなっています。従ってこの集音範囲にオペレータの声が届かないと逆にそれはノイズと判断されカットされてしまいます。
  • マイクロフォンの位置というのが非常に重要になってくるのはこのためです。ノイズキャンセル効果が高いヘッドセットであればあるほど集音範囲が狭くなりますので、口角から2cm程度のところを中心に最も音を拾いやすい位置を探してみて下さい。
  • よくお客様と会話していない時にマイクロフォンを上に上げているオペレータを良く見ますが、実際に会話する際にはきちんとこの場所に再セットしておかないとお客様には聞きとりにくい音量になってしまうことがありますので注意が必要です。
  • ケーブルクリップでヘッドセットケーブルを衣類に留めてください。ケーブルクリップを適切な位置で留めることで頭を自由に動かすことができるようになりますし、ケーブルやボリュームコントローラ等の重さを感じることが無くなります。

(補足)

  • 最近のヘッドセットのマイクロフォンはマイクブームの長さが短かくマイクが息継ぎ音を拾いにくい仕様になっていますが、空調設備の送風影響等がある場合は付属のマイクカバーをマイク部に取付けると良いでしょう。
  • ウレタン(スポンジ)タイプのイヤーパッド(クッション)で音が小さく聞こえにくい場合には革製のイヤーパッドに替えると改善する場合があります。

7. ヘッドセットの取り外し方 へ
5. ヘッドセットの種類による価格帯 に戻る

付録 通話録音に関するコラム

弊社が国内正規代理店を務めますゼンハイザーのヘッドセットのページはこちらから

ヘッドセットの迅速な貸出依頼、見積依頼、お問い合わせはこちらから

  • 当社ではコールセンター用、Skype for Business等のユニファイドコミュニケーション(UC)用(マイクロソフト認定)、ウェブ会議用、タブレットやスマホ接続のモバイル用、その他多種多様なヘッドセットやスピーカーフォンをメーカー一次代理店として扱っています。お気軽にお問い合わせ下さい。

ヘッドセットに関するコラムトップ

ヘッドセット&スピーカーフォンのお役立ち情報

ワークスタイル変革!
これからは様々な形態で仕事をすることが求められます。
ウェブ会議やUCで求められる各種情報をご提供します。

詳しくはこちら

Zircon - This is a contributing Drupal Theme
Design by WeebPal.