CHANGE WORKSTYLE

AT HOME

データ通信速度の向上、システムのクラウド化、端末性能の向上により、ご自宅においても光回線やWifiルータを活用して普通にネットを使用出来る状況です。
ただ、ビデオコミュニケーションやテレフォンカンファレンス、となると少々ハードルが上がります。
それは生活音等の「ノイズ」の扱いです。
会議中にお子さんが泣いたり、チャイムが鳴ったり、ということは出来れば回避したいものです。
そこで活躍するのが、「ノイズキャンセル」機能等を実装したヘッドセット等のデバイスです。
オフィスと異なり周りの同僚との会話も無いため両耳型がお勧めです。

 

AT OFFICE

オフィスでのコミュニケーション手段はデスクフォン、ソフトフォン、スマートフォン、ビデオ会議システムと多様です。
しかも場所も自分のデスク、フリースペース、会議室、など様々です。
賑やかなオフィスであれば、会議や通話に集中出来る環境を見つけなければならない事もあるでしょう。
そんな時、周囲の音を軽減してくれるノイズキャンセリングマイクや、複数のデバイスに接続出来るワイヤレスのヘッドセット、複数人での会議に対応したスピーカーフォンが重宝されます。

 


MOVING

日本では歩きながら電話するビジネスマンをよく見ます。
片手が塞がった状態で歩くより、ワイヤレスの耳掛け型のヘッドセットを使った方が安全です。
何よりもスマホの画面を見ながら会話が出来るメリットは大きいのではないでしょうか!
風の音、車の音など、自分では分かりませんが相手には聞きにくい音となって伝わっている事も多いのです。

 


BUSINESS TRAVEL

電話会議、オンラインビデオ会議、などが当たり前になったビジネス環境ですが、やはり最後は人と人が向き合って関係を作る、最後の詰めをする、というフェーズは無くならないのではないでしょうか。
経営者や営業担当者がそのために出張する時、飛行機や新幹線での移動時間、宿泊ホテルにチェックインした後のちょっとした時間も有効に活用し社内の人間やお客様とコミュニケーションを取っていきたいものです。

 




CONTACT CENTER
CLOUD

企業における電話システムも他のシステム同様クラウド化されていく傾向が強くなっています。
クラウド化する事でレイアウトの変更や移転、利用端末数の増減にも簡単に柔軟に対応出来、何よりも災害に強い運用が実現します。
またシステム管理もクラウドサービスの提供会社が責任を持って行うため、IT部門のリソースが不足している企業にとっても助かるという側面もあります。
クラウド化されると、ユーザが使うのはこれまでのデスクフォン(卓上電話端末)からソフトフォン(パソコンの電話ソフト)に変わっていきます。

 


LEGACY

大手のコールセンターではAVAYA等の多機能なPBX専用機器を使った運用がまだまだ現役です。
何よりも長年に渡ったノウハウの蓄積と技術の実装、そしてその結果としての安定性がその強みです。
ただ、ご存知のようにこのようなレガシーの電話端末にヘッドセットを接続する場合、メーカーや型式によってケーブルを変更したり、切り替えスイッチを変更したりしなければならないという注意点があります。

 



PRESENTATION

 

SEMINAR

セミナーやウェビナーでの配信は、音質はあまり良くありませんがPCやWebカメラに内蔵のマイクでもできます。講師と内蔵マイクの間には距離があるため、周りの雑音を拾いやすく、ノイズ混じりの音声になりやすいのです。大勢の参加者に向けて発信する場合のセミナーやウェビナーでは、音が遠くはっきり聞こえないと言われる可能性があります。不明瞭な音質を改善したい場合は、『外部マイク』を使用しましょう。マイクの形状や性能を比較して選ぶことで、鮮明な音声を参加者に届けることができます。セミナー及びウェビナーでは音声の質がとても大切です。
参加しても音声が悪く何を話しているのか分かりにくい状態では、内容に集中できません。セミナーやウェビナー用にもSennheiser製のマイクを使用して視聴者のストレスを軽減しましょう。


 

CHANGE WORKSTYLE

AT HOME

データ通信速度の向上、システムのクラウド化、端末性能の向上により、ご自宅においても光回線やWifiルータを活用して普通にネットを使用出来る状況です。
ただ、ビデオコミュニケーションやテレフォンカンファレンス、となると少々ハードルが上がります。
それは生活音等の「ノイズ」の扱いです。
会議中にお子さんが泣いたり、チャイムが鳴ったり、ということは出来れば回避したいものです。
そこで活躍するのが、「ノイズキャンセル」機能等を実装したヘッドセット等のデバイスです。
オフィスと異なり周りの同僚との会話も無いため両耳型がお勧めです。

EPOS │ SENNHEISER
EPOS │ SENNHEISER
EPOS │ SENNHEISER
EPOS │ SENNHEISER

 



AT OFFICE

オフィスでのコミュニケーション手段はデスクフォン、ソフトフォン、スマートフォン、ビデオ会議システムと多様です。
しかも場所も自分のデスク、フリースペース、会議室、など様々です。
賑やかなオフィスであれば、会議や通話に集中出来る環境を見つけなければならない事もあるでしょう。
そんな時、周囲の音を軽減してくれるノイズキャンセリングマイクや、複数のデバイスに接続出来るワイヤレスのヘッドセット、複数人での会議に対応したスピーカーフォンが重宝されます。

EPOS │ SENNHEISER
EPOS │ SENNHEISER
EPOS

 


MOVING

日本では歩きながら電話するビジネスマンをよく見ます。
片手が塞がった状態で歩くより、ワイヤレスの耳掛け型のヘッドセットを使った方が安全です。
何よりもスマホの画面を見ながら会話が出来るメリットは大きいのではないでしょうか!
風の音、車の音など、自分では分かりませんが相手には聞きにくい音となって伝わっている事も多いのです。

SENNHEISER
EPOS │ SENNHEISER
EPOS │ SENNHEISER
EPOS │ SENNHEISER

 


BUSINESS TRAVEL

電話会議、オンラインビデオ会議、などが当たり前になったビジネス環境ですが、やはり最後は人と人が向き合って関係を作る、最後の詰めをする、というフェーズは無くならないのではないでしょうか。
経営者や営業担当者がそのために出張する時、飛行機や新幹線での移動時間、宿泊ホテルにチェックインした後のちょっとした時間も有効に活用し社内の人間やお客様とコミュニケーションを取っていきたいものです。

ADAPT 660
EPOS │ SENNHEISER
SENNHEISER
EPOS │ SENNHEISER
EPOS

 






CONTACT CENTER
CLOUD

企業における電話システムも他のシステム同様クラウド化されていく傾向が強くなっています。
クラウド化する事でレイアウトの変更や移転、利用端末数の増減にも簡単に柔軟に対応出来、何よりも災害に強い運用が実現します。
またシステム管理もクラウドサービスの提供会社が責任を持って行うため、IT部門のリソースが不足している企業にとっても助かるという側面もあります。
クラウド化されると、ユーザが使うのはこれまでのデスクフォン(卓上電話端末)からソフトフォン(パソコンの電話ソフト)に変わっていきます。

SC-30-USB-ML
EPOS │ SENNHEISER
SC-230-USB-MS-II
EPOS │ SENNHEISER
SC-630-USB-ML
EPOS │ SENNHEISER
MB-Pro-1-UC-ML
EPOS │ SENNHEISER

 


LEGACY

大手のコールセンターではAVAYA等の多機能なPBX専用機器を使った運用がまだまだ現役です。
何よりも長年に渡ったノウハウの蓄積と技術の実装、そしてその結果としての安定性がその強みです。
ただ、ご存知のようにこのようなレガシーの電話端末にヘッドセットを接続する場合、メーカーや型式によってケーブルを変更したり、切り替えスイッチを変更したりしなければならないという注意点があります。

SC-238
EPOS │ SENNHEISER
SC-638
EPOS │ SENNHEISER
SDW 5015-JP
EPOS │ SENNHEISER

 



PRESENTATION

 

SEMINAR

セミナーやウェビナーでの配信は、音質はあまり良くありませんがPCやWebカメラに内蔵のマイクでもできます。講師と内蔵マイクの間には距離があるため、周りの雑音を拾いやすく、ノイズ混じりの音声になりやすいのです。大勢の参加者に向けて発信する場合のセミナーやウェビナーでは、音が遠くはっきり聞こえないと言われる可能性があります。不明瞭な音質を改善したい場合は、『外部マイク』を使用しましょう。マイクの形状や性能を比較して選ぶことで、鮮明な音声を参加者に届けることができます。セミナー及びウェビナーでは音声の質がとても大切です。
参加しても音声が悪く何を話しているのか分かりにくい状態では、内容に集中できません。セミナーやウェビナー用にもSennheiser製のマイクを使用して視聴者のストレスを軽減しましょう。